スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬や、猫や、人間を守り、助ける事が出来る方法◇法律をわたしたちで作れる最後の方法◇そんな方法が?

今までは、見てみぬ振りをしていた私。
知らないときは、避けて通っていた私の・・・せい
果報は寝て待たない
でも、真実を知った今は違う。違うと言える。

闇の【ペット競り市オークション】が、悪の巨大市場になる前に、知っていれば・・・。

表向きは命を大事に、大切にと見せかけて
【命を商品として扱い続けて大手になったペットショップ】の真実の裏側が
知らされていれば・・・。

国民が知れば、
国民が知った上で、
法改正で求められる国民の
【民意】というものを見せ付ければいい。
果報は寝て待たない2
果報は寝て待たない

今のままでは、2011年、
来年の2月には国会で
『闇のペット競り市オークション』も、
『赤ちゃんの犬猫たちを市場に出し続ける事』も、
そのまま『良し』として決められてしまう。

今、わたしが、わたし達が戦うべきは
普天間基地のような、海外の政府とのしがらみではない。

●もう決して負けてはいけないのが、
ペットショップ業者が、関係者からバイトから
無知の人までもの署名と意見をかき集めて出す物。

それが、国の最終判断を待つ、
『パブリックコメント』!
(市民から意見を募集する法改正に威力の強い制度の事=パブリックコメント)
絶対、みんなを守ってあげるからね
民意の力で犬・猫・人を必ず救えるんだね

●この『パブリックコメント』に、
心を無くしてしまったペット業者達は、
「今のまま、赤ちゃんたちを市場に出すべきだ」
「ペット競り市オークションを認めるべきだ」
と業者だけで5千人は集めて言って来るでしょう。

それだけではない、アルバイト、身内、知識が無い人も団体として数に入れられます。
それらの数は5年前と比べてざっと数えても、
1万人を超えるであろう・・・。

パブリックコメントは数の勝負ではないと言われていても、
数は必要。
だから、その業者達の数を必ず超える、わたしの、
わたしたちの人数が必要。
わたしの、『国民として動物を守ろうとする意志』

それらの気持ちが集まれば、5千以上の、
いいえ、1万も2万も、10万人以上にだってなれるはず。

それだけの政府が圧倒する『民意』が集まれば、
必ず悪い法律には進まない。
必ず良い法律に変わります。絶対仲間も守ってあげる
「それをジュルのしっぽさまで教わったんだね。」
それでも変わらないのであれば、
それこそ独裁国家でしょう。

都会で、地方で、隣同士で声をあげれば、
必ず、犬や猫や動物や人間を守れる。

最後の綱は『パブリックコメント』に懸かっている。

『闇のペット競り市全面廃止』
『2ヶ月弱の赤ちゃん販売禁止』
この内容を書いてくれるかどうか・・・
はその人にかかっているけれど、
『書いて出してくれるよう』にお願いする。

広め方も、なるべく地デジ化ぐらい易しく、
なるべく楽しく描いて
それで町で伝えようと思っています。


みんなで・・・あのひとや・・わたしが、
『パブリックコメントを政府に出す事』で
犬と猫と人が救える大事な一歩となる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

P+動物のおさなご達

Author:P+動物のおさなご達
★本家の【犬猫の4コマ漫画ブログ】★で
消した部分を残して
置かせてもらっています。
漫画画像が消えているのもあるなあ..
どうやるのだろう。

機能を全然使いこなせていませんが、
こちらでは
「つぶやき」や「自分に言い聞かせる事」
をたっぷり?こっそり書いて行かせてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。